国が「豆腐安売り」に待った!!  食品で初、公正取引へ指針 農水省

 

 

豆腐といえば、日本の食卓に欠かせないお手軽食材ですが、今、スーパーなどでの安売り対象から外れる可能性が出てきています。
1960年には、5万軒以上あった全国の豆腐の製造業者は、自由競争と輸入大豆の拡大で安売り合戦がと廃業が相次ぎ、現在は7,500軒まで減少してしまいました!
こうした業界の悲鳴を受け、国民の命と健康に直結する食材であることもあり、ついに、その安売りに国から「待った」がかかりました。

情報のソースや詳細については、いいね!からご覧ください↓

 

 

↓ ↓ ↓
メルマガを購読する

コメントしてね

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *