「世界で最も影響力のある100人」!小池百合子都知事をタイム誌選出!

 

日本から選ばれたのは一人だけでした。

【ニューヨーク=共同】

米誌タイムは20日、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、日本からは東京都の小池百合子知事が選ばれました。

小池知事は、トランプ米大統領の長女イバンカさんや夫のクシュナー大統領上級顧問とともに「先駆者」分野の一人に挙げられました。

タイム誌によると、小池都知事は、イダルゴ・パリ市長による「東京のための熱意を持ち、直面している課題を鋭敏に察知している」との紹介文を載せました。

朝鮮半島情勢の緊張が高まっている世相を反映し、「指導者」部門ではトランプ米大統領や、核開発や弾道ミサイル発射を続ける北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長も選出されました。

100人はタイム誌が毎年実施し、政治家や科学者、芸術家、経済人らから独自に選出しています。

速報ニュース映像は、いいね!からどうぞ↓

↓ ↓ ↓
メルマガを購読する

コメントしてね

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *